第2回深海生物検定を受験しました!レポ【2級(中級)】

第2回深海生物検定を受験しました!レポ【2級(中級)】
スポンサーリンク

2019年10月14日、第2回深海生物検定が開催されました。先に深海生物検定自体について知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

僕も第1回に引き続き参加してきたので、今回はレポ形式で検定を振り返ります!一緒に受けた方は、感想をお待ちしています。今後受けてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

あくと2
あくと2

細かい点まで写真を使ってまとめたので、本番のイメージを掴みやすいと思いますよ!

第2回深海生物検定の受験レポ【2級(中級)】

前回の振り返りと今回の目標

僕は第1回深海生物検定で3級(下級)に挑戦して合格しました。当時は特定の深海生物(ラブカ、フクロウナギなど)にしか興味がなかったこともあり、点数もそれほど高くなかったですね。

第1回深海生物検定の合格証

第1回のとき、僕は大阪在住なので大阪会場で受験する選択肢もあったのですが、沼津港深海水族館に行ってみたいという気持ちもあり、沼津で受験しました。交通費は約20倍かかりますが(笑)

ただ、これがとてもいい経験になりました。実際に深海生物を見た結果、もっとたくさんの深海生物について学びたいと思うようになったのです。それから深海生物に関する本を読んだり、論文を読むようになりました。そして、第2回の検定では2級を受験して合格しようと目標を決めました!

しかもまた沼津会場で(笑)

台風19号の影響

前日から当日にかけて大型の台風19号が日本に上陸。なんで大阪会場を選ばなかったんだとかなり後悔しました(笑)しかし、 深海生物検定の運営さんが早急で丁寧な対応をしてくださったおかげで、僕はなんとか会場に間に合うことができました。本当にありがとうございました!

しかし、会場に向かえず受験できなかった方もたくさんいたようです。受験料が返金されるとはいえ、少ない試験のチャンスを失ったのはとても残念。。。気持ちを切り替えて、第3回の検定を待ちましょう!

大阪から沼津へ

当日。なんとか交通機関が運転再開したため、電車→電車→新幹線→電車と乗り継いで沼津へ向かいました。実は、「台風の影響で沼津まで行けんやろうな」と思いTOEICの勉強ばかりしてしまっていたので、 新幹線の中でしっかり勉強。

お昼の駅弁、鹿児島の黒豚明太子弁当。大阪も静岡も全く関係ない(笑)

移動中に約3時間かけて総復習できたので、試験の準備は万端!

いざ受験!【マークシートの形式は?】

受験会場のプラザヴェルテに到着。第1回と同じ会場で、沼田駅から徒歩3分なのでとても便利です。

第1回のときは会場に約50人の受験者がいたのですが、なんと今回、僕の部屋にいたのはわずか3人。第1回で2級まで取ったからもう受けなくていいという方がいたことと、台風で来られなかった人がいたことが原因でしょうか。

何はともあれ、しっかり集中して受験しましょう!

試験会場前の注意書き。スタッフの方がしっかり説明してくださります。

試験のマークシート(表)

試験のマークシート(裏)

問題は全80問。満遍なく勉強できていれば問題ないレベルでした。今回気になった点は、内容が被っている問題が数組あったこと。答えを推測することができたりしてしまうので、改善の余地があるかもしれません。

試験時間は60分なのですが、私は35分余りました。2,3周マークミスを見直したり、絶対に合ってる自信がある問題数を数えて自己採点したりして時間を潰しました(笑) 子どもの受験者もいるので、試験時間は60分で問題ないと思います。

試験後に自己採点したところ、80問中74問正解!合格の基準点は56問正解なので、合格したいそうです。このブログで作成した練習問題からも2,3問、関連するものが出ていたので嬉しかったです!

受験後は沼津港深海水族館と深海バーガー

受験後は沼津港深海水族館に走って向かいました。皆様にはバスをお勧めします(笑) 水族館についてはまた別記事で紹介する予定です。

そして沼津バーガーでは深海サメのバーガーを食べました!こちらについても別記事で。お楽しみに。

スポンサーリンク

まとめ

今回は第2回深海生物検定の受験レポでした!合格できていそうなので、結果が楽しみです。

深海生物検定について興味を持った方は、ぜひページ下のカテゴリーから、深海生物検定に関する記事をご覧ください!

公式テキストで勉強して、一緒に深海ハカセになりましょう!

スポンサーリンク