深海生物検定の過去問が販売開始!過去問を買うべき理由

深海生物検定の過去問が販売開始!過去問を買うべき理由
スポンサーリンク

2019年1月に開始した深海生物検定。多くの深海生物ファンが検定に参加し、深海や深海生物(深海魚)に関する知識を問うマニアックな問題に挑戦しました。

2019年10月13日には第2回深海生物検定の開催が決まっています。(申し込み締め切りは2019年9月4日なのでお気をつけて!!)

深海生物検定についてよく知らないという人は、先にこちらの記事をご覧になってください↓↓

 

今回は深海生物検定の過去問について紹介し、合格するために過去問を買うべき理由を紹介します。また、後半には無料で解ける練習問題もありますよ。

(ちなみにこの過去問を購入されても私には一銭も入らないのでご安心ください笑)

深海生物検定の過去問が販売開始!

深海生物検定過去問とは

これまで、深海生物検定の過去問は一切公表されていませんでした。

しかし、今日(2019年8月26日)のお昼に深海生物検定の公式運営局が第1回深海生物検定の過去問の販売を開始したとTwitterで発表しました。

深海生物検定の公式Twitterです↑↑フォローしておくことをおすすめします!

第1回深海生物検定では3級(初級)と2級(中級)が実施されたのですが、どちらの過去問も購入することが可能です。値段はどちらの階級も800円。お手頃価格なので、子どもでも買いやすいですね。深海生物検定の受験者には子どもが非常に多いのでありがたいです!

解答はついていませんが、深海生物検定の公式ページや過去問の商品ページから確認することができます。

深海生物検定の過去問を買うべき理由

これまで、深海生物検定の勉強法は公式テキストの「深海生物大事典を読んで大事そうなところを覚えるというものが主流でした。

最新の検定なので専用の参考書なんてものはもちろん無いですし、過去問も公表されていなかったのです。

 

たしかに公式テキストは分かりやすくまとめられているため、非常に読みやすいです。しかし、教科書のように重要なところを強調するような表記はないため、どこまで勉強したらいいのかが分からないというデメリットがあります。

また、公式テキスト中にクイズのようなものは一切無いため、検定の難易度が分からず不安に思う人が多かったようです。

深海生物検定の公式HPには検定の練習問題が掲載されていますが、数問しかありません。

そのため、今回発売が開始された第1回深海生物検定の過去問を購入し、実践的な力を身につけたり問題の傾向を掴むことが非常に重要なのです。

また、過去問が販売されるということは前回よりも問題が難化する可能性も考えられます。少しでも合格を確実にするために、過去問を購入することをおすすめしますよ!

深海生物検定 過去問購入ページ

 

無料で深海生物検定の練習問題を解きたい人へ

深海生物検定に合格するためには過去問が重要であることが分かっていただけたかと思います。

しかし、有料なのでどうしても手が出ない、買うのはちょっと気が引けるという人もいるかと思います。そんな方のために、僕はこのブログでみずから練習問題を作成して掲載しています!(我ながら変態ですね!)

僕は第1回深海生物検定の3級に合格しており、過去問も持っているため、問題の傾向を研究して問題作成しています。ちなみに文字の選び方や文章の形式、フリガナの形式までほぼ同じにしています!(変態!変態すぎる!)

もちろん無料でご覧いただくことができますよ↓↓

 

過去問を買う予定がある人でも、一度見ていただければと思います!

評判が良ければどんどん作成していくつもりなので、ぜひご感想をお聞かせください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は深海生物検定の過去問について最新の情報をお届けいたしました!

合格を目指すには過去問がいかに重要か、分かっていただけたかと思います!

800円というお手頃価格で本物の過去問が得られるのは、実際に受験経験のある僕からすると非常にありがたいことだと思いますよ。

また、今回紹介した僕が自作している無料の深海生物検定練習問題もぜひ腕試しに使ってくださいね。今後もお楽しみに~。

第2回深海生物検定にまだ応募していない人は公式HPから申し込みましょう!

深海生物検定公式HP

それではまた次の記事で!

 

スポンサーリンク