深海生物検定の受験会場はどこ?第1回の時の会場名を紹介!

深海生物検定の受験会場はどこ?第1回の時の会場名を紹介!
スポンサーリンク

2019年1月27日第1回深海生物検定が実施されました。 多くの深海生物ファンが検定に参加し、深海や深海生物(深海魚)に関する知識を問う専門的な問題に挑戦。大人から子供まで、幅広い年齢層の受験者がいたのがとても印象的でした。

2019年10月13日には第2回深海生物検定が実施予定です(申し込み締め切りは9月4日なのでお気をつけてください!)。

深海生物検定についてよく知らないという方は、先にこちらの記事をご覧ください↓↓↓

 

さて、深海生物検定に関する質問の中に、このようなものがありました。

「深海生物検定の会場はどこなの?」
「深海生物検定の会場を調べても詳細が出てこない!」

深海生物検定の受験会場は明確に公表されていません。そのため、このような疑問を持たれる方が多いようです。

今回は第1回深海生物検定を受験した私が、第1回検定のときの受験会場を建物名まで詳細に紹介します。また、第2回の受験会場についてどこまで分かっているのかも説明します。

深海生物検定の受験会場はどこ?第1回の時の会場名を紹介!

深海生物検定の受験会場はどのように分かる?

深海生物検定の受験会場はネット検索をしても詳しくは分からないです。では、どのようにすれば会場名が分かるのでしょうか。

まず、深海生物検定の公式HPが、受験会場となる都道府県あるいは都市名を公表します。次に、試験日が近づいてくると、同じく公式HPにて大まかな受験会場が知らされます。〇〇駅周辺などという表記です。しかし、この段階でも正確な受験会場は分かりません。運営の方が一生懸命、受験会場の準備をしてくださっているため、わがままを言わずに待ちましょう!笑

実際に正確な受験会場が分かるのは、受験票です。

実際の受験票。会場名が記載されています。

受験票には受験会場の建物名や部屋名が記載されています。受験票が届くと、ようやく安心できますね!

第1回深海生物検定の受験会場はどこだったの?

続いて、第1回深海生物検定が行われた会場を紹介します。

第1回検定は東京、沼津、名古屋、大阪で開催されました。各受験会場は下記のとおりでした。

第1回深海生物検定受験会場
【東京会場】東京海洋大学越中島キャンパス
【沼津会場】プラサヴェルテ
【名古屋会場】名古屋大原学園
【大阪会場】中央工学校OSAKA

※もし他の会場で受験したという方がいらっしゃれば、コメントにて教えてください。よろしくお願いいたします。

ちなみに僕は大阪在住ですが沼津会場にて試験を受けました!プラサヴェルテはJR沼津駅から徒歩3分のところにある大きくて綺麗な施設です。また、沼津駅から14分バスに乗れば沼津港深海水族館に行くことができます!僕も実際に、試験後に水族館に行ってきましたが、深海生物のマニアでも、あまり詳しくない人でも楽しめる場所でしたよ!沼津港深海水族館に関する記事も今後掲載する予定なので、お楽しみに。

第2回深海生物検定の受験場所はどこになりそう?

第2回検定は、第1回と同じ4都市で行われます。2019年8月31日現在、公式HPにて大まかな受験会場が公表されており、下記のとおりです。

受験会場エリア(予定)
【東京会場】護国寺駅、茗荷谷駅 周辺
【沼津会場】沼津駅 周辺
【名古屋会場】瑞穂区役所駅 周辺 
【大阪会場】緑地公園駅 周辺

沼津会場と大阪会場は第1回と同じ最寄り駅です。会場の建物自体も同じである可能性がありますね。対して東京会場と名古屋会場は第1回の会場とは離れたところのようです。東京会場の護国寺駅、茗荷谷駅の近くにはお茶の水女子大学、筑波大学、拓殖大学など、名古屋会場の瑞穂区役所駅の近くには名古屋女子大学などがあります。このあたりが受験会場になるのかもしれません。

ちなみに僕は第2回検定も誘惑に負けて沼津会場を選んでしまいました笑。また大阪-沼津往復の交通費が飛んでいきますが、沼津港深海水族館は何度でも行きたいんです!笑

僕は2級を受験するので、一緒に受験する方は頑張りましょうね!この記事のコメントや、Twitterで絡んでいただけるとありがたいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は深海生物検定の受験会場について紹介しました。第1回検定が実際に行われた場所と、第2回検定が行われそうな場所の予想についてまとめました。第2回に関しては最寄り駅まで公表されているので、スケジュール調整等の問題は無さそうですね!

このサイトでは、深海生物検定の練習問題独自に研究して作成しています。また、第1回深海生物検定の過去問を買うべきかどうかについてもまとめていますよ。気になる方はチェックしてみてください↓↓↓

 

コメント等、お待ちしております!

それではまた次の記事で!

 

スポンサーリンク