3級合格者が、深海生物検定の練習問題を10問作成しました!

3級合格者が、深海生物検定の練習問題を10問作成しました!
スポンサーリンク

「深海生物検定ってどんな問題が出るんだろう?」
「公式テキストにはクイズが無いから不安」

こんな風に悩んでいる人はいませんか?

2019年1月27日に、第1回深海生物検定が実施されました。

深海生物検定の詳細や、第1回深海生物検定の様子についてはこちらの記事でも紹介しています↓↓
 

2019年10月13日には第2回深海生物検定が実施される予定です。(申し込み締め切りは9月4日なので注意!)

しかし、最新の検定ということもあり、どのような問題が出るのかあまり知られていません。

第1回深海生物検定の過去問題も公開はされていないです。

※第1回深海生物検定の過去問題が販売開始されました!

そこで今回の記事では、第1回深海生物検定で3級(初級)に合格した僕が、3級の過去問や公式テキストを参考にして練習問題を作成しました!

難易度は3級程度です。本番と同様に、全て4択問題になっています。また、漢字にはフリガナを振ってあります。(本番では、3級にはフリガナが振ってあり、2級には振っていないので気を付けてください。)

10問目のあとにすべての問題の答えと解説を掲載しています!紙とペンを用意して、解答してみてください。合格基準である7問正解を目指して頑張ってみましょう!

深海生物検定 練習問題

問001
海中カイチュウモットサキ吸収キュウシュウされるヒカリ何色ナニイロか。

  1. 赤色アカイロ
  2. 黄色キイロ
  3. 緑色ミドリイロ
  4. 青色アオイロ

 

問002
メンダコについて、特徴トクチョウとして間違マチガっているものはどれか。

  1. 墨袋スミブクロっていないため、タコのようにスミくことができない。
  2. ホンウデ傘膜サンマク連結レンケツされている。
  3. 基本的キホンテキには海中カイチュウをただよっている。
  4. 海中カイチュウから陸上リクジョウげられると、つぶれてしまう。

 

問003
「もっともヒカリアツめる能力ノウリョクのある生物セイブツ」として、2007ネンにギネスブックに掲載ケイサイされたギガントキプリスゾク仲間ナカマ。その体長タイチョウはどれくらいか。

  1. 0.1~0.2mm
  2. 1~2mm
  3. 1~2cm
  4. 10~20cm

 

問004
ミズウオの和名ワメイ由来ユライとはナニか。

  1. 淡水タンスイでも海水カイスイでもきられる。
  2. 陸上リクジョウげられると、大量タイリョウミズす。
  3. ミズのような青色アオイロをしている。
  4. ニクミズっぽくヤワらかい。

 

問005
すでに絶滅ゼツメツしている「クラドセラケ」という古代コダイザメにているラブカについて、特徴トクチョウとしてタダしいものはどれか。

  1. オオきいクチから、frilled shark(フリルをサメ)とばれる。
  2. アゴ頭蓋骨ズガイコツとしっかり結合ケツゴウしており、ほとんどウゴかない。
  3. ツイのエラをつ。
  4. 退化タイカして、ほとんどくなっている。

 

問006
ザラビクニンのマワりにはマクがある。このマク役割ヤクワリナニか。

  1. ハイってくるヒカリリョウ調整チョウセイする。
  2. ハイったモノす。
  3. オオきくして威嚇イカクする。
  4. イロえてカモフラージュする。

 

問007
クロデメニギスはカラダ一部イチブ発光ハッコウさせることができるが、それはどこか。

  1. アタマ
  2. ナカ
  3. びれ

 

問008
カタチ名前ナマエているフウセンウナギとフクロウナギ。この両方リョウホウ共通キョウツウする特徴トクチョウはどれか。

  1. フウセンウナギモクゾクする。
  2. オオきなクチち、獲物エモノ丸呑マルノみにする大食オオグいである。
  3. 体長タイチョウヤク2cmである。
  4. アタマサキ発光器ハッコウキつ。

 

問009
ガラパゴスハオリムシについて、特徴トクチョウとしてタダしいものはどれか。

  1. 英名ではSmall tube worm(スモールチューブワーム)とばれる。
  2. 体全体カラダゼンタイアカい。
  3. なにもべずにきることができる。
  4. 100℃をえてもきられる。

 

問010
クローズアップしてると満開マンカイハナのようなウツクしい姿スガタをしているホネクイハナムシ。英名ではナニばれているか。

  1. pink worm(桃色モモイロのワーム)
  2. bright worm(アカるいワーム)
  3. imaginary worm(マボロシのワーム)
  4. zombie worm(ゾンビワーム)

 

以上で問題は終了です。全問解答しましたか?

深海生物検定 練習問題 答え・解説

初めに答え一覧を見てみましょう。

問001 1
問002 3
問003 3
問004 4
問005 2
問006 1
問007 3
問008 1
問009 3
問010 4

 

次に各問題の解説を、問題文・選択肢と一緒に
見ていきましょう。

 

問001
海中カイチュウモットサキ吸収キュウシュウされるヒカリ何色ナニイロか。

  1. 赤色アカイロ
  2. 黄色キイロ
  3. 緑色ミドリイロ
  4. 青色アオイロ

答えは【1.赤色】です。深海に関する問題では、光の吸収や水圧、深さによって変わる深海の名称などは基本なのでチェックしておきましょう。

 

問002
メンダコについて、特徴トクチョウとして間違マチガっているものはどれか。

  1. 墨袋スミブクロっていないため、タコのようにスミくことができない。
  2. ホンウデ傘膜サンマク連結レンケツされている。
  3. 基本的キホンテキには海中カイチュウをただよっている。
  4. 海中カイチュウから陸上リクジョウげられると、つぶれてしまう。

答えは【3.基本的には海中をただよっている。】です。正しくは「基本的には海底でじっとしている。」ですね。1,2,4もメンダコのとても重要な生態に関する知識なので覚えておきましょう。メンダコは深海生物検定のイメージキャラクターのような存在なので、要チェック!

 

問003
「もっともヒカリアツめる能力ノウリョクのある生物セイブツ」として、2007ネンにギネスブックに掲載ケイサイされたギガントキプリスゾク仲間ナカマ。その体長タイチョウはどれくらいか。

  1. 0.1~0.2mm
  2. 1~2mm
  3. 1~2cm
  4. 10~20cm

答えは【3.1~2cm】です。ギガントキプリスはウミホタル科の仲間。ウミホタルの仲間は体長が3mm以下のものが多いです。そのため、ギガントキプリスはかなり大型と言えます。それでも500円玉より少し小さいくらいですね。

 

問004
ミズウオの和名ワメイ由来ユライとはナニか。

  1. 淡水タンスイでも海水カイスイでもきられる。
  2. 陸上リクジョウげられると、大量タイリョウミズす。
  3. ミズのような青色アオイロをしている。
  4. ニクミズっぽくヤワらかい。

答えは【4.肉が水っぽく柔らかい。】です。後からも触れますが、深海生物検定では生物の生態だけでなく、名前の由来などまで幅広い問題が出されます。公式テキストに掲載されている名前の由来はすべて覚えておきましょう!

 

問005
すでに絶滅ゼツメツしている「クラドセラケ」という古代コダイザメにているラブカについて、特徴トクチョウとしてタダしいものはどれか。

  1. オオきいクチから、frilled shark(フリルをサメ)とばれる。
  2. アゴ頭蓋骨ズガイコツとしっかり結合ケツゴウしており、ほとんどウゴかない。
  3. ツイのエラをつ。
  4. 退化タイカして、ほとんどくなっている。

答えは【2.顎が頭蓋骨としっかり結合しており、ほとんど動かない。】です。(1)ラブカはfrilled sharkと呼ばれますが、これはフリルのようなエラの蓋(鰓弁サイベンのことを指すようです。(3)サメは一般的に5対のエラを持っていますが、ラブカは6対も持っているのが特徴。(4)ラブカは、三つ叉の歯が剣山のように生えています。この歯も非常に特徴的。

 

問006
ザラビクニンのマワりにはマクがある。このマク役割ヤクワリナニか。

  1. ハイってくるヒカリリョウ調整チョウセイする。
  2. ハイったモノす。
  3. オオきくして威嚇イカクする。
  4. イロえてカモフラージュする。

答えは【1.眼に入ってくる光の量を調整する。】です。ザラビクニンは少しだけ光が届く深さ(約200~800m)に生息しています。そのため、光の強度に合わせて膜を利用して瞳孔の大きさを変え、視界を調整しているようです。ちなみに、丸い頭が比丘尼ビクニ(尼さん)に似ているところからビクニンという和名が付いています。覚えておきましょう。

 

問007
クロデメニギスはカラダ一部イチブ発光ハッコウさせることができるが、それはどこか。

  1. アタマ
  2. ナカ
  3. びれ

正解は【3.お腹】です。デメニギスといえば球状の大きな望遠眼と、その眼を覆っているドーム状の透明な膜が特徴的ですよね。そのデメニギスの仲間であるクロデメニギスは、お腹にいる発光細菌を使って、仲間とコミュニケーションをとると言われています。また、クロデメニギスはドーム状の膜を持っていないのもポイント。

 

問008
カタチ名前ナマエているフウセンウナギとフクロウナギ。この両方リョウホウ共通キョウツウする特徴トクチョウはどれか。

  1. フウセンウナギモクゾクする。
  2. オオきなクチち、獲物エモノ丸呑マルノみにする大食オオグいである。
  3. 体長タイチョウヤク2cmである。
  4. アタマサキ発光器ハッコウキつ。

正解は【1.フウセンウナギ目に属する。】です。(2)はフウセンウナギの食性。フクロウナギは大きな口で海水を大量に飲み込み、その中に含まれるプランクトンなどの餌を食べます。(3)フウセンウナギもフクロウナギも、体長は約2m。(4)フウセンウナギもフクロウナギも、尾の先に発光器を持ちます。ちなみに、フウセンウナギは獲物を引き寄せるためにこの発光器を利用しますが、フクロウナギが利用しているかどうかはいまだ分かっていないそうです。

 

問009
ガラパゴスハオリムシについて、特徴トクチョウとしてタダしいものはどれか。

  1. 英名ではSmall tube worm(スモールチューブワーム)とばれる。
  2. 体全体カラダゼンタイアカい。
  3. なにもべずにきることができる。
  4. 100℃をえてもきられる。

正解は【3.なにも食べずに生きることができる。】です。ハオリムシは熱水噴出域の硫化水素を体内の微生物に渡します。すると微生物が硫化水素から有機物を作り出します。ハオリムシはこの有機物をエネルギーとして生きているのです。(1)英名ではGiant tube worm(ジャイアントチューブワーム)と呼ばれています。体長は約3mもあります。(2)白い管のような体から、赤いエラが出たり入ったりしています。(4)これはエラゴカイという生き物の特徴。

 

問010
クローズアップしてると満開マンカイハナのようなウツクしい姿スガタをしているホネクイハナムシ。英名ではナニばれているか。

  1. pink worm(桃色モモイロのワーム)
  2. bright worm(アカるいワーム)
  3. imaginary worm(マボロシのワーム)
  4. zombie worm(ゾンビワーム)

正解は【4.zombie worm】です。見た目はものすごく美しいホネクイハナムシですが、下半身を鯨骨の中に埋め込み、骨を溶かして栄養を取り入れています。そのため、消化管も一切持っていません。

スポンサーリンク

まとめ

練習問題10問、お疲れさまでした!

今回の問題は、第1回深海生物検定の3級の出題傾向を僕なりに研究して作成しています。解説中でも書いたように、深海生物検定では生物の生態や特徴だけでなく、名前の由来や別名なども出題されます。そういった検定の特徴をつかみながら、できる限り本番に近い問題を作成してみました。

評判が良ければこれからも練習問題を作成していく予定なので、ぜひコメントをお待ちしております!

しかし、この練習問題だけで勉強して試験に挑むのは厳しいかもしれません。あくまでこの練習問題は、検定の難易度や傾向を知ったり、自分の実力を確認したりするために使ってほしいです。

公式テキストを持っていない方は、これを機に購入して、勉強してみてください!

それではまた次の記事で!

スポンサーリンク