Tabio(タビオ)レーシングラン5本指を1年半使った【耐久性・普段使い】

Tabio(タビオ)レーシングラン5本指を1年半使った【耐久性・普段使い】
スポンサーリンク
あくと
あくと

こんにちは!いつもは深海に関する記事を書いていますが、今回は趣味で楽しんでいるランニングのグッズを紹介します。

ということで、今回紹介するのは靴下屋として評判高い「Tabio(タビオ)」のランニング用ソックスです。

今回は、2足の『タビオ レーシングラン 5本指 ソックス』を約1年半使ってきて 3足目のタビオソックスを購入したての僕が、タビオの耐久性、普段使いなどについて、まとめていきます!

基本的な特徴、良さについての記事はネット上にたくさんあるので調べてみてください。今回は他の記事であまり紹介されていない部分をお見せします!

タビオについて知らない方はこのまま続きを。タビオについて知っているという方は目次の「Tabio(タビオ)を1年半使った感想は?」からどうぞ。

Tabio(タビオ)レーシングラン5本指を1年半使った【耐久性・普段使い】

Tabio(タビオ)とは?

タビオとは、カジュアルからビジネス、スポーツまで、様々な場面に適した靴下を販売している靴下屋です。詳しくは公式HPをご覧になってください。

Tabio(タビオ)のランニングソックスの種類とは?

タビオのランニングソックスは、ランナーのレベルや用途に合わせて5種類あります。こちらも分かりやすい表が公式HPにあるので、ここから確認してみてください。

Tabio(タビオ)レーシングラン5本指を1年半使った【耐久性】

僕は約1年半前に、タビオのランニングソックス『レーシングラン 5本指 ショート丈 ソックス』を2足購入しました。それ以来、両方のソックスをランニング用と普段用に使ってきました。具体的には、どちらも100km以上のランと、約20回の普段使いに使ってきました(普段使いについては記事の最後に紹介しています)。その結果 どのような変貌を遂げてしまったのか、温かく見守っていきましょう(笑)

その前に、(比較対象用に)本日買いたてほやほやのタビオ ランニングソックスを紹介します。

タビオ ランニングソックス レーシングラン・プロ 5本指
白い部分は滑り止め。ランニングシューズの中で素晴らしいグリップ性能を発揮します。
滑り止めを横から見るとこんな感じ。1〜2mmほどの高さがあります。履いてるときの違和感などはありません。

あくと
あくと

いやー、新品ってこんなに綺麗なんですね(当たり前です)。新しいのなんて買わなくていいと思っていたのですが、こうやって見てみると買ってよかったなあ……。

と僕が思ってしまう、1年半使い続けたタビオのソックスがこちらです。↓

 

1年半使い続けたレーシングラン 5本指 ショート丈 ソックス。グレーの方は結構綺麗?ブルーの方は……え?

滑り止めが……ない(笑)

見事な履き潰しっぷりですね。ブルーに至っては滑り止めが もはやないです。触っても普通の布です。グレーに関しても、新品と見比べると滑り止めがかなり消耗しています。特に親指の滑り止めがあとわずか。

しかし、滑り止め以外の部分に関しては問題なし。かなり高い耐久性ですね。もともと生地はしっかりしているので、生地に穴が開くよりも先に滑り止めがなくなる方が多そうです。

滑り止めが無くなり始めるのは、おおよそ100~150km走った段階。自分のランニングペースと比較して検討してみてください。

Tabio(タビオ)のランニングソックスは普段使いにもオススメ?

というか、タビオのランニングソックスを普段履きに使ってるの?と思われた方もいるかもしれません。

僕はタビオのランニングソックスを履くようになってから「ランニングの時はタビオじゃないと無理」と思うようになりました。そして普段履きに関しても「タビオでいいや」と思うようになりました(笑)

僕は普段から歩く距離が長いということもあり、足への負担が小さく、匂いの対策もバッチリなタビオは普段用にも使いやすいのです!

スポンサーリンク

まずは1足、Tabio(タビオ)を履いてみよう!

5本指が不安な人も、タビオが不安な人も、とりあえず1足、試しに履いてみましょう!僕のようにタビオにハマるかもしれませんよ。

Tabio レーシングラン 5本指はこちらから

Tabio レーシングランプロ 5本指はこちらから

 

それではまた次の記事で!

 

スポンサーリンク